無料のZBrushCoreMiniを使ってスカルプトしてみた!

ZBrush
スポンサーリンク
須賀るぷ太
須賀るぷ太

こんにちは須賀るぷ太です。

前回で、ZBrushCoreMiniをダウンロードしたので、今回は実際に使ってスカルプトで人の顔を作ってみたいと思います。

 

ZBrushCoreMiniで顔をスカルプト

ZBrushCoreMiniでスカルプトを試してみた!無料だよ!

約12分 4倍速

 

 

動画で使ったブラシなどの説明


ZBrushCoreMiniで使える素材は球体と立方体の2つのみです。
今回は球体を使いました。

 

ブラシは8つあります。スカルプトではよく使われるブラシのようです。
ZBrushや ZBrushCoreではもっと多くのブラシがあります。

 

赤い枠の所がミラー機能です。だいだい色になっている状態がミラーON、色が付いていない状態がミラーOFF。ONの状態だと顔の半分を作ればもう半分は自動で作ってくれます。
顔は常にONの状態で、髪を作る時はOFFにしました。

 

Draw Sizeはブラシの大きさです。右の方が大きく左が縮まります。
ショートカットキーはSキーです。

 

 

Zintensityはブラシの強さです。右の方が強いです。
ショートカットキーはUキーです。

 


顔をおおまかに整えるのに、snakehookのブラシを使いました。

 


顔の肉付けはclaybuildupのブラシを使いました。

 

 

どのブラシでもいいので、Shiftキーを押しながら顔の表面をなぞると、なめらかになります。

 


口の線はslash3を使いました。

 

 


唇の表現はpinchのブラシを使いました。

 


鼻の穴はslash3で掘りました。inflateでもいいと思います。
inflateで穴を開ける時は、altキーを押しながらで穴があきます。

 

 


ふくらみすぎた場所の調整にはmoveを使いました。

 

 


これだけでも十分顔は作れました。

 

 

 

まとめ

8つのブラシでも十分、顔ぐらいは作れます。
作り込みすぎると、ポリゴンオーバーみたいな注意画面が出ます。
ZBrushかZBrushCoreにアップグレードしませんか?の表示が出ます。

この無料版で全てを作ることは出来ないかもしれませんが、スカルプトを始めるには十分なアプリだと思います。

僕がスカルプトの楽しさにハマったのは、1年くらい前にスカルプトリスを知ったのが最初です。僕のパソコンではすぐ止まったりしていました。スカルプトリスは10年くらいアップデートされてないから仕方ないのかもしれませんが、それか僕のパソコンのスペック不足。

とにかくスカルプトって、もりもり盛って作れるので楽しさを味わってほしいです。
ZBrushCoreMiniさわって、子供の頃遊んだ粘土遊びのような楽しさを思い出すかもしれませんね。
意外と子供がいろいろ作って楽しむかもしれませんね。

今回はここまでです。
それではまたね、バイバイ!!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました