スカルプトをblender2.8でやってみる

blender
スポンサーリンク

こんにちは今回は、スカルプトをblender2.8でする話です。
スカルプトとは、よく粘土でコネコネする感じでモデリング出来ると表現されています。

僕はスカルプトする時は、スカルプトリスを使っていますが、blenderでもスカルプト出来るし、blender2.8になって、スカルプトしやすくなったよってYouTubeで言ってた気がするのでやってみようと思います。

 

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

blender2.8でスカルプトする前の設定

まず見ていただきたいのが、こちら⬇︎

293KB 17秒

これはスカルプトリスでモデルを動かして肉付けなどする時の動きですが、blenderでペンタブレットを使った場合、最初の設定ではこのようなモデルの動かし方が出来なかったのでここに書いておきます。

マウスを使うと、この動かし方が出来るのですが、正直マウスでスカルプトするのは大変です、ペンタブレットを使ったほうがいいです。
しかしペンタブレットを使いblenderでモデルを動かす時に、テンキーを押したり右上のこれ
を操作してスカルプトするのもすごくやりにくいです。

そこでblenderの設定を変えてスカルプトリスと同じようにペンタブレットでのモデリングをやりやすくしましょう。

 

⬆︎blenderの左上にある「編集」→「プリファレンス」を押す。

 

⬆︎画面が切り替わったら、「入力」→「3ボタンマウスを再現」にチェックを入れる。→「プリファレンスを保存」を押す。

この設定で「alt」を押しながらペンタブレットを動かすとモデルを好きな方向に動かすことができます。左手でキーボードを操作する必要がありますが、ブラシの大きさを変えるのにも「F」キーを使ったり、ショートカットキーで左手は使うと思うので、「alt」を押してモデルをクルクル動かせるならかなり楽になると思います。

 

 

※注意しておかないといけないのが、スカルプトじゃなく普通のモデリングをする時は設定を戻さないと、ショートカットキーで「alt」を使っての操作が出来ないということです。

スカルプトではなく、頂点を増やす、メッシュを増やす普通のモデリングをする場合は、「編集」→「プリファレンス」→「入力」→「3ボタンマウスを再現」のチェックを外す→「プリファレンスを保存」。これで「alt」キーを使ったショートカットキーは今まで通り使えます。

 

それでは、スカルプトを始めましょう!!

⬆︎blender2.8を開いたら最初に出てくる画面です。(スプラッシュ画面)

 

⬆︎ちなみに、途中で最初の画面、(スプラッシュ画面)を出したい時は、左上のblenderのマークをクリックするとスプラッシュ画面の項目が出てきます。

 

 

⬆︎sculptingを選ぶと球体が出てきます。

 

 

⬆︎sculptingモードから編集モードに変えて「細分化」をクリック。

 

 

 

⬆︎メッチャ頂点多くなりすぎて真っ黄色になりました。頂点が、これだけあれば途中で思った通りにスカルプト出来ないって事はないでしょう。
編集モード」の所から「スカルプトモード」に切り替えてスカルプトを始めましょう。


blender2.8でスカルプトしてみましたが、出来上がったのはゴリラでした。
まだまだ修行が足りませんでした。

 

ちなみに、Dyntopoにチェックを入れて、スムーズシェーディングにもチェックを入れると、

 

細かくふくらんでいく感じでスカルプト出来ます。

 

同じく、Dyntopoにチェックを入れ、スムーズシェーディングにはチェックを入れないと

 

こんな感じで、荒いふくらみ方をします。

以上、blender2.8でスカルプト試してみた!でした。

 

blender2.82で顔をスカルプト、動画もあるよ!
こんにちは、最近あたたかくなってきたので、服はこのままでもいいかな・・・ と思ってる須賀るぷ太です。 今回は、b...

ゴリラ顔から少しはましになった動画を上げています。
少し成長したスカルプトの記事を書いています。
良かったら、こちらもご覧ください。

 

それではまたね、バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました